かけがえのない地球環境のために

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

RSS

とってもロハスな「エルブログ」。緑茶染めに関する情報はもちろんのこと。地球環境保護と健康な生活に関する耳寄り情報もお届けします!!

2007 年 11 月 30 日

区切り

明日から12月ですね。今年は浜松旧市街でも、本当にきれいな紅葉が見られます。これは桜並木ですが、銀杏の木も本当にきれいな黄色に染まっていて、晩秋の中、本当に彩りがある年になりました。例年より寒暖差があったのだと思います。ここ最近の急激な冷え込みで、本当にきれいに葉が染まる様を身近で実感する事が出来ました。そして11月後半は、会社に居ながらにして観光名所に紅葉を観に行った気分になりました。

弊社は11月が決算月です。従って、今日で一区切りになります。

今期も無事終えることができました。今期は本当に色々なことがあり、新しい挑戦の年、一歩を踏み出す年となりました。このHPを立ち上げたことも大きな一歩でしたし、緑色を保つ緑茶入りスピリッツが完成したことや、お酒の小売販売免許など、今迄知らなかった分野への挑戦もたくさんした年になりました。
その他色々ありましたが、表面的には良くない様な事であっても、一つ一つの出来事が本当に意味のある事だったと、そこに関わって下さったたくさんの方々へは感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。
業績的には過去最高!というわけではありませんが、それだけでない何か、新しいかけらをいっぱい拾った気がします。ここからまた新しい1ページが始まります。どんな一年になるかと思うと、わくわくしてきます。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

12月か1月にショップで福袋?おまけ企画?クリスマス企画?何かやろうと思っています。
どうぞお楽しみに〜

カテゴリーU 身近な自然

2007 年 11 月 29 日

緑茶染めの抗アレルギー効果

本日ローカルですが中日新聞の1面に記事を載せて頂きました。守屋さんの左隣です(苦笑)。どうしてもそちらばかり目が行きますが・・・
緑茶染め繊維に抗アレルギー効果がある事を発見した特許申請が認められ、今年の10月中旬に特許査定を頂きました。それを記事に取り上げてもらいました。

緑茶やお茶の抗アレルギー効果については、花粉症に効くという事で話題になった商品もたくさんありますよね。試した経験のある方もいらっしゃると思います。緑茶染めは肌の弱い人にも安心して使って頂ける商品だという事、また改めて緑茶の良さを生かした商品であることが、これでまた一つ客観的に証明できたと、嬉しく思っています。

洗いざらしのタオルや、赤ちゃんの軟らかいおくるみ、ほっこり織ったガーゼなど、綿製品の感触というのは、本当に素晴らしいものがあります。その表面を何で染めるかという事には鈍感な人はまだ多いと思います。皮膚に触れることに対して、これからも私たちなりに考えていきたい、と思っています。

記事を読んだ方いらしたら、またメールなどでご意見をお聞かせ下さい。

カテゴリーU お知らせ

2007 年 11 月 28 日

20g2500円のお茶の試飲会★

先日11月7日のブログで紹介した世界お茶まつりのブースにあった韓国の自生茶シンカンス。20gで2500円と紹介しましたが、昨日遂にそのお茶を会社で飲みました!!!

会社に日本茶インストラクターの方が本業の仕事で来られた際、いい機会だと思ってお披露目しました。

ドキドキしながら開けて、淹れてもらいました。釜炒り緑茶ということでしたが、日本の緑茶というよりは中国の緑茶に近い味わいでしょうか。会場で飲んだときと同じ、素朴な味を感じました。

何よりも丁寧にものづくりをする、そのことに感動して購入したものですが、この素朴な味を、値段の価値を100%活かすには、本当にお茶を感じて、しっかりと淹れることができるようになりたいと実感しました。

件のインストラクター氏は、インストラクター仲間もマニュアル化されてしまっていて、自分でその日の温度や体調、葉の開き方やお茶のでき具合などを感じて、臨機応変に対応する力が足りない、と仰っていました。

緑茶ほど難しい飲み物はちょっとないのでは?と時折思います。
意識して、しっかりとお茶の葉と対話するつもりで、淹れていきたいと感じた一日でした。

興奮していて撮影を忘れていました。また次回のむときに…


カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 28 日

毎日起こること

今日は「誠実である」ことをたくさん学んだ一日でした。
何に対しても、誠実でありたい。とたくさん感じる出来事がありました。

いろいろな偽装のニュースは相変わらずテレビをにぎわしています。悲しいことに、最近は慣れっこになって、「え〜あの会社が〜、ふ〜ん、みんなやっているんだなぁ」と思ってしまいます。それでもそういう事が出てくることで、きれいになっていくのだから、明るみに出るということは、決して悪いことではないのだと思います。それを受けてのこれから、が大切だと。

私自身も自分を誤魔化していないか、と思うと、こそこそしている部分もあったりして…個人的に自分に内部告発をする毎日でもあります(苦笑)。
でも気づけたことを糧として、しっかり受け止めて、また前を見て歩いていこうと思います。

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 26 日

血圧が下がった☆社内の柿酢ブーム

現在会社の関係者とその家族の間で、柿酢がちょっとしたブームになっています。元々は会社関係のある方が、尿酸値が下がった!という事から継続して飲んで下さっていますが、その方のご家庭では、奥様も健康維持のために飲まれ始めています。
かく言う弊社の社長も今年8月の健康診断で「立派なメタボです(これは立派と言われても嬉しくないですが・・・)」とお医者様に宣言されて、朝のウォーキングを再開し効果が出ていましたが、その上で柿酢を飲み始めました。社長が飲み始めたのを見て社長のお母様が始めました。社長のお母様は高血圧と糖尿がありますが、血圧が下がったのですね。それも顕著に。きっと体に合ったのだと思います。そしてそれを見ていた社長の奥様まで今は愛飲しています。

昨今食品の偽装問題が色々と話題になっています。表示に対しての虚偽や、賞味期限、リサイクル(と言って良いのかな?)などなど、嘘のない製品作りが問われる時代になりました。

「傳兵衛柿酢」は、静岡県の酵母の父である河村伝兵衛さんが自ら作った柿酢です。
この柿酢造りの為に、免許まで申請して取得したという情熱、原料となる柿農家とのしっかりとしたコラボレーション、皮の部分の雑菌を如何に取るか、というポイントを見極めての加工技術、そして何より酵母菌と酢酸菌の選択は専門中の専門であり、お酒にしてからお酢にするという工程についても、本当にシビアに対応されています。それを身近で見せて頂いているので、これこそ自信を持ってお勧め出来る安心の本物の柿酢です。

健康飲料として飲む場合は、水で10倍程度に薄めて飲む方法を皆さん選択されています。ほのかに香る柿の香り、そして嫌みがない酸味…さっぱりとした本物の味だからこそ、長い間飲めるのだと思います。
私は料理やカルピスで割って飲むのが好きなのですが…

カテゴリーU 柿酢情報

2007 年 11 月 22 日

お酒の販売を開始します

今日は「いい夫婦の日」ですね。この語呂合わせは何故だかとっても好きです。

さて、いよいよショップに「シーマ緑茶割り」の販売ページがオープンしました。おかげさまで、無事に通信販売の許可が頂けましたので、早速アップさせて頂きます。

私はお酒が飲めないのですが、この「シーマ緑茶割り」スピリッツは、アルコール度数5%で、緑茶の味が爽やかだという評判なので、明日は祭日ですから、万全の態勢を整えて、ちょっと飲んでみたいと思います。
何と言っても一番の特徴は、緑色です。お茶のパウダーが入っているのに色が茶色くならない、というのは実に画期的なんです。緑色というのは安心する色でもあります。もちろん、顔料などは一切入っていません。

ぜひ一度皆様おためし下さい。

そしてもう一つHPに変化があります。
トップページのリンクで、バナーが追加されました。税務署のe−Tax(イータックス)へ繋がるページです。
先日もブログで紹介しましたが、弊社でも現在申請中ですので、その後の状況は又ブログで報告していきたいと思っています。

習うより慣れろですから、早くやってみたいです。

カテゴリーU お知らせ

2007 年 11 月 22 日

幸せの尺度

今日は東京出張でした。
仕事の合間に、銀ブラをしました。銀ブラって死語でしょうかね?
ブランドビルが林立しているというニュースを見ましたが、最近できたアルマーニビルも見てきましたし、今月末オープン予定のブルガリのビルや、その他、グッチ、ダンヒル、エルメス、ヴィトン…数え上げたらきりがありません。
先日ミシュラン東京版も発表されていましたが、東京には三ツ星が8軒とか。私にとっては、縁のないお店ばかりでした(苦笑)。
最近東京高級ホテルラッシュもあり、マンダリンオリエンタル、ペニンシェラ、リッツカールトン等々…東京の高級ホテル業界に新しい風が吹いています。
そして東京駅大丸のリニューアルオープン。新しい丸の内界隈…
本当に、東京という街は、お金さえあれば何でも手に入る街だなぁと実感しました。

全然話は変わりますが、先日友人の結婚式に参加し、ブーケプルズで1/3のブーケが当たりました。一つのブーケが三分割して、幸せのおすそ分けをしていただきました。画像はそのブーケです。今も自宅の洗面所にきれいな姿でいてくれます。ブーケを見るたび彼女の幸せな笑顔がよみがえり、私も幸せを感じます。

仕事先の女の子が一言「不思議なんですけど、普通のOLのお給料で、ヴィトンのバックとかはばんばん買えないんですよね〜みんなどうやって手にしているのでしょう?」。

幸せの尺度は人それぞれ、自分の身の丈にあった幸せを手にしたいと感じた一日でした。

でも東京という街は、刺激的であり、時々は行きたいと思う街です。


カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 20 日

e−Tax(イータックス)

緑茶の機能性製品を開発していく中で、ご縁があってお酒(スピリッツ)の開発を致しました。ブログでも紹介し、近々ショップで発売開始予定の「シーマ緑茶割りスピリッツ」です。
その関係から、一般酒類小売業免許の申請をし、取得を致しました。その後、通信販売まで出来る様に再度申し込みをして、今週中に許可が下ります。来週早々にはスピリッツをHP上で紹介出来る運びとなります。

思えば春先から税務署さんに通って、色々とご教示を頂いていました。税務署さんというのは、どういうわけか行き辛い場所で(苦笑)、公私とも、税の滞納とか、ごまかしとかをしているわけではないのですが、実に敷居の高い場所でした。この気持ち、皆さん分かってもらえると思うのですが。
でも今回の免許取得に当たっては、本当に色々と丁寧に教えて頂き、私にとっては随分となじみ深い場所となりました。何事も正々堂々というのは良いものです。

今回、その関係から、前々から気になっていた「e-Tax(イータックス)」の法人での利用を勧めて頂き、色々と疑問にも答えて頂きまして、利用する事を決めました。
実は、HPをいくら読んでも理解が出来なかった私が利用を決められたのも、税務署の方のおかげでした。基本的な質問を何度もする私に、実に根気よく対応して下さって、本当に感謝しています。何でも聞いたもの勝ちだと思いました。ありがとうございます。

イータックスが出来る様になると、お酒の免許の関係の書類は勿論ですが、その他消費税や源泉税の申告や納付がパソコンから出来る様になります。インターネットバンキングも使えるので、銀行窓口に行く必要もなくなります。個人事業主の人は、これを取得すると確定申告が便利になりそうだなぁと感じました。

現在、電子証明書を申請中で、それが届いたらいよいよイータックスにチャレンジ出来ます。
また、その挑戦記についてはブログでお知らせします。

皆さん〜、税務署は怖くありませんよ(私だけ??)どんどん質問しましょう!

e-TaxのHPです。ぜひ一度目を通して下さい。
http://www.e-tax.nta.go.jp/

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 19 日

プラス思考

プライベートな話を…
あるアーティストのライブの先行チケット予約に外れました。友人も外れました。今まで一度も外れたことのないアーティストでした。
今回は、年が明けてからの予定という事と平日という事、一人で観に行くという事、そして地元開催でないという事で、正直取れたとしても色々な調整が必要だったので、ちょっと及び腰でした。そうしたら案の定外れました。
友人にも聞いたら彼女も外れたという事でした。やはり彼女も「どっちでもいいかな〜」という気持ちでいたという事でした。

「プラス思考」で行くと良いという事は巷でも良く言われます。良く言われる、良いよと勧められるという事は、結局中々出来ない人が多いという事でもあるのかな、とも感じました。心の中で知らず知らずの内に、危機管理というか、失敗した時にダメージを最小限に留めようと、ネガティブな事を考えて対応する癖があるのかもしれません。

でも、仮に思った事が実現する、思っただけで相手に伝わる事があるとすれば、プラスな思考回路になった方が色々とお得だし、不要なエネルギーを費やす事も減るのかな、と考えたりしました。

チケットは残念でしたが、今回はそんな事を感じました。
いつもプラスでいられる毎日は、心も穏やかだと思います。これから意識してみます。

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 16 日

新しいコンテンツ−レシピ紹介−

HPに新しいコンテンツが出来ました。レシピ紹介です。現在は「緑茶こんにゃく麺」の紹介をしています。実はまだショッピングに緑茶こんにゃく麺は載せていないのですが、この麺、先の世界お茶まつりで初紹介して販売させて頂きました。

こんにゃく麺は麺類の代用として使う事が出来、250gというボリュームながらわずか14.4kcalであり、味もこんにゃくを食べているという感覚ではなく、緑茶がこんにゃくの臭みを消し、尚且つただお茶の香りがしてというわけではなく、コシがあって食べ応えがある麺に仕上がりました。特に相性が良いのは濃厚なソースであり、パスタなどの代用品としても十分成り立ちます。250gという量にも大満足であり、お腹もふくらみますので、ダイエット食としては、ストレスが少ないものだと自信を持ってお勧め出来ます!
本当においしいですよ〜♪

近日中にHPで販売を開始します。一食分315円の予定です。興味のある方は事前にご連絡頂ければ、紹介いたします。

他にも色々なレシピを紹介します。柿酢のレシピもお楽しみに。

カテゴリーU お知らせ

2007 年 11 月 15 日

切り替え

マーチのCMありますよね、調子の良い日は○○な時…というナレーションが続くものです。本当に調子が良い時は、流れる様に物事が進んだり、誰にでも優しく出来たりするのに、何かのきっかけで、急に流れが止まったり、イライラしたりするという経験、ありませんか?私は結構あります。
分っているけれど、どうしようもない時、今の幸せを考えるという事をします。
お笑いコンビ「麒麟」田村裕さんの書いた「ホームレス中学生」という本がベストセラーになって、最近良く話題に上っていますね。
悲惨な体験をカラッと明るい内容で書きつづりながら、涙が…という様な内容だと推察していますが、テレビに出た田村さんの言葉で「幸せのハードルが低い」というものがありました。お湯が出ても幸せを感じる…という言葉でしたが、今あるものに感謝できる、素晴らしい考えなのだな、と感動しました。

持っていないものを思って悔しがるより、今手にしているものに感謝する…そんな事が出来る様になりたいと思いました。

本、読みたくなりました。

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 14 日

インフルエンザ(風邪)の予防法

今年は、インフルエンザが猛威を振るいそうだというニュースを耳にする機会が増えました。先日まで暑かったと思っていたのに、びっくりですが、報道を見てより驚いたのは、夏の期間でも、沖縄ではインフルエンザが異常発生していたというニュースでした。また、今の時期でも既に学級閉鎖をしている学校が複数あるとも報道されており、今年は大流行が懸念されています。厚生労働省などでも専用のHPを開設して、今年の流行に対して警戒を深めている様です。

職場で、家庭で日々の生活で気をつけることとして、有名な「手洗い・うがい」があります。実はこれも注意が必要だとか。まず「手洗い」は、意外に忘れがちなのは手の甲だそうです。手全体をしっかりと洗う、これは大切だそうです。また、外気に触れた部分、手以外にもありますよね、顔です。帰宅したら洗顔、という事まではなかなか意識出来ませんが(特に女性はお化粧をされている方がほとんどだと思いますので)、顔も外気に触れていますので、出来るだけ早く洗い流す意識をされたら如何でしょうか。もちろん、お子さんには手洗いと一緒に洗顔も勧めるというのは良い方法だと思います。

そしてうがいです。うがいは、水やお湯でももちろん大丈夫ですが、一工夫としては、お茶でうがいをするという事があります。お茶に含まれるカテキンには抗菌作用がありますので、お茶うがいならより効果的になります。冷たいものよりは温かいものの方がベターだと思います。
他にも抗菌作用のある精油を一滴たらしてうがいをするとか、また、紅茶やコーヒー、お酢(希釈程度によってはむせるかな?)などでも良いと思います。身近にあるもので色々と工夫しながら、楽しく予防したいですね。

風邪やインフルエンザに罹らないためにマスクをする、というのも一案ですね。くしゃみや咳は、2〜3m以上も飛ぶと言われています。風邪を引いたときは、思いやりでマスクという事を忘れないでいたいですが、予防としてマスクをするというのは、意外にも口腔内を高湿に保つ=喉が乾燥しないという事に繋がり、しっかりとした予防法になります。その時マスクの内側に、緑茶染めをしたガーゼやハンカチを挟むとか、抗菌作用のある精油を一滴たらすなどをすればさらに効果が上がると思います。就寝時にマスクを用いるのも効果的です。

予防で一番大切なのは、自分の免疫を落とさない生活を心掛けること、だと思います。睡眠、食事、ストレス、予防、しっかりとケアして、忙しくなる年末だからこそしっかりと注意して、出来るだけインフルエンザに罹らない生き方を意識したいです。

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 13 日

ポインセチア

昨日の寒さで、一気に冬支度に身が入りそうだったのですが、今日はまた和らいだ陽気でした。それでも暦でいえば立冬も過ぎ、年賀状の発売も始まり、年末に向けて賑やかになっていくのでしょう。
銀座でもクリスマスツリーの点灯があったと報道されていましたが、浜松でも駅前にツリーが登場しています。

天皇誕生日が12月23日になってから、週末に掛かると連休という可能性が多くなりましたが、今年も23日が日曜日なので24日のイブも振替休日となります。

写真は社長宅にあったポインセチアです。珍しい葉の柄で、お馴染みの赤だけでなく、ピンク、白、そして班入り部分もあり、とてもゴージャスな感じです。
ポインセチアと言えば赤しか知らなかったので、びっくりしましたが、ネットで調べたら、色々な種類のものがありました。中でも、赤く変わる葉の部分が花びらの様にカールしていて、大輪のお花の様に見えるものもありました。

とここで、また調べてみてびっくりしました。あの赤い部分は、葉と思っていましたが、苞(ほう)という、葉が変形したものであり、花びらを包んでいたものだという事です。という事は、蕾が付かないと赤く変わらないという事ですので、越年したポインセチアの色を変えたいと思ったら、蕾を付ける様にしてあげれば良いらしいです。9月頃からスタートして40日間程度、半日(12時間15分以上)段ボールを被せて、暗い中に置くという作業(短日処理)をすれば、可能性があるらしいです。室内の照明もNGらしいので、本当に根気よく頑張るという事ですね。

調べたらポインセチアを買ってみたくなりました。
そして、今年のクリスマスは皆さんどう過ごされるのでしょうか。楽しみですね。

カテゴリーU 身近な自然

2007 年 11 月 12 日

異常気象

やはり今年はおかしいです。世界レベルでも、日本レベルでも豪雨だったり台風が発生したりと、異常なのですが、身近でこれだけ迷走する天候を体験すると、本当に環境についてしっかりと意識する時が来たのだと感じています。

浜松は昨日とても良い天気で、日中は汗ばむ陽気でした。でも、夕方から急に冷え込みを感じて寒くなりました。それでも平年並みだったと思いますが。今日の浜松は一日寒くて、というより風が強くて、昨日との日中の温度差は10℃以上あったのではないでしょうか?昨日は社長宅では昼間庭に蚊取り線香を炊いたとか、半袖のTシャツで過ごしたとか、今日の天気からは一日前の話題とは信じられないくらいです。

写真は、会社前の道路に積もった落ち葉です。風に舞って一時はすごい事になっていましたが、これだけ落ち葉が溜まると、やはり、焼き芋でもしたくなりますね。

やっと秋、それも気付いたら晩秋という浜松でした。

カテゴリーU 身近な自然

2007 年 11 月 9 日

柿酢の効能

ショップで紹介している柿酢、この柿酢を作った河村傳兵衛さんは、株式会社RIVERSON(リバーソン)という会社を経営されており、先ごろ公式HPをオープンされました。

この「傳兵衛柿酢」はお酒の世界で有名な傳兵衛さんが、こだわって作った商品です。

お酒づくりはもちろん、本物の味を普段から求めている方にふさわしい、原料の柿、酵母と乳酸菌、そして製造工程と、すべてにこだわりを持って妥協せず、自ら仕込みに関わっていますので、美味しくて当然なのだと思います。雑味の混入を許さず、他の追随を認めないお酢になっています。私も毎日料理にドリンクに入れて楽しんでいます。

お料理に入れて美味しいのは勿論ですが、最近私の周りでは、このお酢のお陰で、高血圧や痛風が良くなってきた、という話を頂きます。数字に現れるのが人によって違いますが、1〜2本飲み切った頃でしょうか、大体1本を2ヶ月前後で消費している様です。
毎日朝或いは夜に、キャップ1杯を水で割って飲む、これだけですが、毎日続ける原動力は、効果が出ているからだと思います。お酢自体も大変まろやかなので(もちろんお酢だから酸っぱいですよ)、水で7倍〜10倍に薄めれば、爽やかな酸味が体をすっきりとさせてくれます。夜風呂上がりにも合いますし、朝の目覚めに薄めて一杯は、体がしゃきっとする感覚を味わう事ができます。
もし飲みにくければ水で割ったものに蜂蜜を入れる、あるいは最初からジュースに入れてみるなどしても良いかと思います。どんな形でも続けること、それが肝心ですから。

私は最近野菜サラダのドレッシングとして愛用しています。ドリンクとしてはやはりカルピスで割る、というのがお気に入りですね。

傳兵衛さんには弊社も大変お世話になっております。今般我々が発表し、近々HPで販売を開始する予定の「シーマ緑茶割りスピリッツ」についても、素人の我々に色々と指導をして頂いて、素晴らしいお酒を造る事が出来ました。

早くそちらも紹介出来る様に頑張ります。

カテゴリーU 柿酢情報

2007 年 11 月 8 日

立冬(りっとう)でも…

今日は暦の上では立冬という事で、関東地方や近畿地方などでは冷え込み、平年並みの気温であると報道されていました。ここ浜松では、まだ9月かな?と思う様な陽気でした。今事務所の温度は24℃、もちろん冷暖房機器は動かしておらず、窓全開状態です。夕方6時でこの気温、そして今日は11月8日…今年は本当に地球温暖化という言葉を体感しています。

私たちは何をすればよいのか?どうする事が一番良いのか?色々と考えてしまいます。例えば、スーパーで並んでいる野菜も、中国などから運んで来る野菜の方が価格が安くて一見良さそうですが、実際は、輸送コストなどを考えたら、環境に掛かっている負荷は、意外に大きいのだと思います。最近では、地産地消という言葉も、徐々に浸透している感覚があります。
そして、家電品でもCO2排出量を明示する方向になるそうで、人々の意識がさらに高まる流れになっています。

自分で出来ることは何か、CO2の削減とは、環境保護とは、など、本当に今こそ考えないといけないと感じる今日この頃です。スーパーでのレジ袋などは、本当に小さい事だという気がしていましたが、やはり小さいことからコツコツとするべきなのでしょう。

地産地消に関するHP(農水省から)です。

カテゴリーU 環境

2007 年 11 月 7 日

自生茶

世界お茶まつり2007には、知り合いのお茶屋さんも出店しておられました。その方が、今回一番びっくりしたブースという事で案内して下さったお店で、私はお茶を購入しました。韓国からの出店でした。

その価格ですが、驚かないで下さいね、20gで2500円です!!

写真はそのお茶とパンフです。パンフの右側に根っこを含めて木が見えると思いますが、これがお茶の木です。このお茶は生育中一度も肥料や農薬を使わずに育てられていて、竹林の中に植えられているそうで、自生茶の葉を原料として、独特な手作り法で作られた貴重なお茶という事です。数百年前から同じ場所でお茶を作り続けていて、手摘みして薪で熱した鉄釜に入れて名人の五感が満足するまで炒り上げるそうです。それでこの根っこ、種から植えて、根は地中深く張る事で、大地の気を受け取るというお茶だそうです。だからこの値段なんだそうです。ただ、これでも当日持参されたお茶の中では一番お安い!ものだったのですが…でも、購入してしまいました☆

どうして購入したかというと、その方々のまじめな雰囲気と、紹介して下さったお茶屋さんを信用しているという事、そしてこれだけ深く根を張っているお茶は非常に珍しいという事などですが、現にそのブースでお茶を試飲させて頂いた時、体が熱くなりました。
これはただの暗示かもしれませんが、でも、形容しがたい素朴な味を感じて、今回の記念に購入させて頂きました。

世の中にはまだまだ気持ちを込めてこだわりの物作りをされている方がいらっしゃるんだ、と嬉しくなりました。
最近色々な改ざんニュースが駆け巡っており、我々もまたか…と慣れっこになってしまった部分もあります。でも、こだわりを持って大切に物を作ることは、素晴らしいと感じました。

韓国語ですがHPをご紹介しておきます。シンカンスHP。

蛇足ですがトップページに写っている男の方がご主人だそうです。そのお嬢さんと一緒に来日されていました。お嬢さんは日本語が出来る可愛らしいかたで、寡黙なお父さんの代役を立派に務めていらっしゃって、とても素敵でした。

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 6 日

意識

体調を崩している人が多いです。かく言う私も、まだ風邪から完全脱出を果たしていません。ここしばらくの天候もどうしちゃったんだろう、という感じで、今日などでもまだ蚊を見たりしていますので、毎日の天候の変り方と、一日の温度の変り方に対して、順応しきれていない人が多いせいもあるかと思います。
確かにお茶まつりのイベント会場でも、半袖の方からコートの方まで、それはそれは色々なファッションの方がいらして、ファッションを取るか、機能性を取るか、という感じだったのでしょうか。会場内も時折冷房が入っていた気がしました。

体調を崩さないためには、本当に意識を集中させる事が大切だと思いました。しっかりと情報をゲットして、自分で感じて、臨機応変に対応可能であることを心掛けたいと思いました。
それは、重ね着が出来る洋服を準備する、スカーフなどを準備して、いざという時は首を保護する工夫をする、そしてもちろん手洗いうがいを実践するなどでしょうか。
そして何より、睡眠が大切です。これは私がまず実践したいことです。
体を休めて自分で自分を治癒させる事をまずやってみる、という事は、実はとても大切なのだと思いました。

一番出来ない自分で自分を治すという事。まずは小さな意識改革から始めてみたいです。
私の風邪もあと少しです。皆さんもがんばって下さい!

カテゴリーU 雑記

2007 年 11 月 5 日

子供の絵

「世界お茶まつり2007」も無事終了しました。我々も浜松から静岡へ4日間通わせて頂きました。行き帰りは新幹線でしたが、同時期に静岡で大道芸ワールドカップが開催されていた事や週末は連休で秋の行楽日和である事などから、連日新幹線も満員御礼状態でした。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

丁度「みんなの静岡茶−小学生絵画コンクール」の入賞作品展示が同会場で行われており、毎日入賞した絵を見ていました。

才能があるかないか、というより、展示されていた絵は、本当に子供らしさに満ち溢れていました。自分も持っていたはずの「わく」のなさ、大らかでこだわらない、のびのびとした絵ばかりでした。

そんなのびのびした絵を眺めながら毎日居ましたので、子供のころ、自分がどんな絵を描いていたかは覚えていないのですが、タイムマシンで覗いてみたくなりました。

小学校高学年の頃、写生に行って自分のイメージ通りに絵が描けない事実を知って驚愕した覚えがあります。それで一気に絵が嫌いになりました。
でも、どんな絵でも自分が出来る範囲で書けば良かったんだな、って今改めて感じました。当時の私に教えてあげたいです。

楽しいイベントでした。関係した皆様本当にありがとうございました。

カテゴリーU お知らせ

2007 年 11 月 2 日

お茶を飲む〜お茶まつりより

世界お茶まつり は、静岡市内で開催中です。
本日の一枚は、お茶淹れが始まる前のテーブルを撮りました。

会場内は色々な展示販売試飲…多種のお茶に関わるものがあります。
日本茶だけでなく、ウーロン茶、紅茶、そしてアフリカのお茶などのブースもありました。場所によって、無料で飲めるもの、有料のもの、販売しているもの、展示だけのものなどなど、色々と分れています。お茶の苗木をプレゼントしてくれる所もありましたよ。

この写真は、大ホール1階のお店内です。旧知の方なのですが、それはそれは信じられない味わいのお茶を飲ませてくれます。

お茶のお仕事をしていて、静岡県に住んでいて、美味しいお茶をどうやって飲むかを考えてはいますが、それでも、淹れ方でここまで変わるのか、と新鮮な驚きと感動があります。

ペットボトルでは味わえないお茶の世界、本当に素晴らしいですよ。

4日まで開催しています。

カテゴリーU お知らせ

2007 年 11 月 1 日

お茶を食べる

今日から4日間の日程で世界お茶まつりが始まりました。日中は少し雨が降った様ですが、我々は会場内におりましたので、気付きませんでした。
初日は海外からのお客さんや茶業関係者が多く、一般の方は3日4日だと思います。

静岡県は勿論緑茶生産量が日本一ですが、自宅に急須がない家も多く、茶葉での消費拡大は生産地としては重要課題です。お茶は茶葉から淹れて飲むのが一番おいしいのですが、入れる人や水などで味が変わってしまうという側面と、「お茶はタダ」という文化が根強くあるので、今後の課題と言えるでしょう。

そんな中で、お茶を食べる試みをしているNPO法人「日本食茶の会」があります。
今日はこの会主催のワールドお茶レセプション(お茶懐石)を頂いてきました。
写真はその一部です。

目に鮮やかなグリーンの和紙は、お茶の葉が混ぜてあるそうで、お盆にはお茶の花が添えられておりました。とっても素敵でした。

抹茶塩などは実に有名な料理への活用法ですが、身近な方法としては、お魚を炊く時に一緒に入れるとお魚の臭みが取れるとか、お茶の葉のてんぷら、茶そば、さしみこんにゃく、茶がゆ、抹茶アイスなどが有名です。

今回はお茶を食べる取り組みを色々な切り口で工夫しての懐石料理で、和食でのアプローチでしたが、本来苦味が強いものですので、和食だと主張し過ぎて、すべてに応用というのは限界があるな、と感じました。
それよりも、イタリアンとか中華とか、味が強く個性が出せるジャンルの方が、緑茶の個性が出せると思いました。

今度弊社も「緑茶こんにゃく麺」という麺類に置き換えてダイエット食になるこんにゃく麺を発売しますが、緑茶と組み合わせることでこんにゃくの臭みがなく、置き換え品としてパスタや冷やし中華などの麺の代替えとしても、十分美味であるものです。
またレシピなども公開してまいりますのでお楽しみに。

明日も世界お茶まつりはやっています。ぜひ足をお運びください。

カテゴリーU お知らせ



株式会社エルブ 静岡県浜松市中区寺島町631-3 TEL: 053-462-8215 copyright© erubu co.,ltd. all rights reserved.