かけがえのない地球環境のために
とってもロハスな「エルブログ」。緑茶染めに関する情報はもちろんのこと。地球環境保護と健康な生活に関する耳寄り情報もお届けします!!

2008 年 2 月 29 日

足音

春が近いのを感じるのは、やはり戸外に出ているときです。梅の花がほころび始め、土手の水仙が咲き誇っている景色や、土筆(つくし)が出ているのを見つけると、あ〜もうすぐ春だなぁって実感します。
ということは花粉症の足音も・・・もう出ている方もいらっしゃるのでしょうか。

マスクをしている人が増えたなぁと感じたのが2月中旬頃からでした。「あ、風邪?」と聞くと「ううん、花粉症の予防よ」と答えてくれて、大変だなぁと感じました。私は今のところ出ておりませんが、こればかりは突然なるものらしいので、他人事とばかりも言ってられません。

今年はどんなグッズが出ているのでしょう。私が見たのは鼻を洗うグッズで、水が気管支に入らない仕組みになっているものでした。これは花粉症でなくても欲しい、と思ってしまいました。あとはほっぺたにガードがついた立体的なマスク。これは眼鏡の曇り防止にもなって良いらしいので、一度購入して試してみたいと思いました。

緑茶にも抗アレルギー作用があります。弊社の特許で緑茶染めに抗アレルギー作用があることを証明したものがありますが、マスクの内側に緑茶染めを使ったマスクを販売していたこともありました。

ショップで紹介している食べるお茶「春みどり」は、飲んでよし、食べて良しのパウダー茶です。緑茶の抗アレルギー効果も色々な文献で紹介されていますので、そういうものを積極的に取り入れるのも一つの方法かもしれません。もちろん緑茶以外にもたくさん良いものがあるでしょうし、実際毎年様々なお茶や食品、飲料がブームになります。
メチル化カテキンの量が多いウーロン茶などもパウダーで飲むと効果があると言われています。弊社でも今年に間に合えば少しパウダータイプのウーロン茶の紹介ができればと思っています。

アレルギー反応のメカニズムは随分解明されていますが、体質によって市販の薬が効く人、漢方薬や民間薬が良い人、それ以外の方法などなど、本当に様々だと思います。自分に合った対応方法が見つかって、つらい時期を少しでも快適に過ごせるといいですね。

カテゴリーU -

2008 年 2 月 28 日

お茶で痩せるかな

今日叔母から「ダイエットに効く苦いお茶」というものを頂きました。画像を忘れたのですが、「苦丁茶(くていちゃ)」というものです。何でも同じ葉を一週間飲み続けるのだとか。だんだん苦くなってくるけれど、それが便通を良くしてやせる効果があるそうで…確かに苦いです。昔上海のお茶の博覧会会場で試飲して、あまりの苦さに驚いた、という記憶が甦りました。その時はダイエットに良いとは聞きませんでしたが、味は苦丁茶でした。
ちょっと調べましたがいろいろな効果効能があって、へぇ〜万能じゃん、と思いました。
「茶」という名前ですが、いわゆる緑茶・ウーロン茶・紅茶の仲間ではなく、苦丁樹という日本にはない木の葉を使ったお茶です。

ダイエット効果のあるお茶と言えば最近ショップで新しく紹介している「吉福茶」も、その様な効果があるといわれています。
もともとダイエットのお茶と言えば「プーアル茶」が有名で、一時は日本では相当高値でバンバン売れていました。「減肥茶」という名前で一世を風靡しましたね。

ダイエットというものは、摂取が消費を下回ればよいのですが、それが出来ないときには、こういうものを摂取して様子を見てみるのも良いかもしれませんね。自分の体質やライフスタイルに合ったものが見つかるのが一番良いです。私もちょっと探してみます。良い方法がありましたらまた教えてください。

もちろん、運動をして、間食を減らして…というのが地道だけど確実というのは分かっているのですが…

カテゴリーU -

2008 年 2 月 27 日

風邪を引かない様に

昨日東京出張の話を書きましたが、浜松の方が今は寒いということでした。先週とても暖かい日があったので、よりこの寒さが辛いと感じてしまいます。私は暑さの方が好きです。寒いと動きたくなくなるので…そういえば、誕生月が夏の人は夏に強く、冬の人は冬に強いといわれますが、私は夏生まれですから、やはりそうなんでしょうか?

もう2月も終わりで、3月になれば春が近いです。でもここで気を抜くと風邪をひくということもありますので、油断せずに自己管理をしたいと考えています。

この季節に一番気を使いたいのは温度差に対応出来る衣類選びです。天気予報に頼らずに寒くなっても暖かくなっても臨機応変に対応出来る重ね着が一番でしょうか。そしていつも億劫がらずに脱ぎ着を意識する事が大切です。実際はなかなか余裕がないのですが…細かい部分としては手足と首そして頭部を冷やさない配慮をして、風邪を引かないように、注意しましょう。

あとはもちろん手洗いうがい、そして風邪を引かないためのマスクで予防など、習慣にするという事も大切です。そして睡眠と栄養をしっかりとるということが基本です。

何より、上手にストレスを解消すること、いつも笑うことなど、体だけでなく心のケアも忘れないでいたいものです。
風邪を引かない…という気持ちで、楽しく予防をしたいですね。

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 26 日

居酒屋

今日は東京出張でした。
会議の後のサラリーマンは、やっぱり居酒屋!ということで、今日は行きつけの神田の居酒屋さんをパチリです。このメニューの数、すごいですね〜

日本のサラリーマンは、「飲みにけーしょん」が大切と言います。最近の若い人はそれを嫌うとも言います。実はわたくしお酒が全く飲めませんで…だからこのお店では、自動的に温かいウーロン茶がポットでサービスされます。それを飲みながらわいわいやるのです。もちろん周りはお酒ですが(笑)

大半はたわいもない話で盛り上がりながらも、実際は仕事の話を円滑に進めるためには必要なのかな、と思います。それぞれの思いや考え方の違いを知る大切な場でもあります。

アフターファイブをどう過ごすか、サラリーマンは気楽に毎日飲んでいると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり潤滑油が入ってこそ話せる内容もある、ということはわかって頂きたいと思いました。
尤も私はその潤滑油が飲めませんので、いつも変わらずに素直に誠実にありたいと思っています。

このお店…とても良心的なお値段です。その上頼みすぎると注意がきます。「そんなに頼んでも食べ切れないよ」と。そんな大将の人柄が素晴らしいのです。ほっとします。だから常連さんでいつもにぎわっているお店です。
食の好みにも対応してくれて、本当に感謝しています。

今日のウーロン茶もおいしかったです☆


カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 25 日

手作り

静岡県はスーパーのお惣菜売り場が凄く充実しているらしいです。それは働く女性が多いので、お惣菜売り場が活況だという図式と聞きました。
確かに家庭を持って働く女性にとって、家事との両立は頭を悩ませるところかもしれません。完璧に…と頑張りすぎて自分一人で抱え込んでしまうのも良くないですし、お惣菜を上手に活用するという事も大切だと思います。それでも子供の記憶の中に残るお母さんの味は、手作りの料理であって欲しいと思います。

私が母の料理でもう一度食べたいと思うのは、バナナのホットサンドです。
ホットサンドの中味がバナナ、という事なのですが、両面引っくり返せる真っ黒な鉄のホットサンド機がとても懐かしいです。

手作りのプレゼントで頂いた小学校6年生の姪が初めて作ったプリンです。クリーミーでとても美味しかったです。ちゃんと底にはカラメルも入っていて…本格派でした。
手作りの温かさと初めて作る気持ちがいっぱい入ったデザートでした。
初めての気持ち…どきどきわくわくな気持ち、何に対しても忘れないで持ち続けたいと感じました。

カテゴリーU -

2008 年 2 月 22 日

共に…生きる

会社で行っているエコアクションがきっかけとなって、環境に対しての責任感や個人で出来る事を考える芽を頂いた気がします。写真はスタッフNが会社で育てているカランコエです。ずいぶん増えました。本当は私の家に持ち帰るつもりで植えてもらったのですが、しっかり育つまで、と思っていたら会社で越冬してくれそうです。もう少ししたら自宅に持ち帰りたいです。
日本でも海外でも野生動物との境界線が無くなって、野生動物が人里に下りて来る事で起こる問題が発生しているという記事が、毎年少しずつ増えている気がします。人から見たら「害」なのでしょうが、どうしてそうなってしまったのか考えると、やはり森を開墾していく人間の姿が見えてきます。それは私たちにも繋がっていて、決して他人ごとではないのですが、ではどうすれば、と問われると不勉強なだけに答えられません。

身近な問題として「野良猫」があります。私の妹が住んでいる町が市のモデル地区になったという事で、「地域猫」として飼うという方向で町内会で野良猫を捕獲し、避妊や去勢手術をして、猫の数を把握して、これ以上増やさないという取り組みを始めたそうです。
その町内では、あるところで数十匹も猫を放し飼いしており、それが町内の猫が増えた原因となったそうです。そのところだけではとても管理しきれない、かと言ってこれ以上増えても困るし、反対に捕獲して処分(いやな言葉ですが…)するのはもっといや…という事で話し合いが何回も持たれて、地域猫の取り組みを決定したという事です。

同じ命として、共に生きる方法…それが野生という形でなくても、ただ人間のエゴだけだとしても、共に生きる方法を考えていくのが人間としての責任の様な気がしました。

地域猫の取り組みがこれからどうなるか、私も見守っていきたいと思います。

カテゴリーU 環境

2008 年 2 月 21 日

結露撃退成功!

会社の窓が結露するという話は以前ブログにも書かせて頂きました。
会社は風邪対策として加湿器を複数台運転させていますので、窓の結露は大きな問題でした。
でも!昨日挑戦したあることで、結露をシャットアウト出来たのです☆☆

以前からプチプチを使って窓枠から入る風を遮断すれば、結露も減るかも?という話をしていました。スタッフNがホームセンターなどで、窓に張るプチプチセットのようなものが売っていると言い、それを真似て防寒対策をしよう、という事にしていました。
最初は窓にしっかりと貼るつもりだったスタッフNでしたが、何かひらめいたのか、上部だけテープでとめて、あとは暖簾のように垂らす、という方法をあみ出しました。

貼り終わった写真です。見た目はちょっと悪い…でしょ?この窓はお客さんをお迎えする机の横にある窓ですから、お客さんが気付いたらちょっと恥ずかしいかしら?ブラインドは一日上げられないわ…効果がなかったらすぐ取ればいいから…などと思っていました。

と、ところがですね〜劇的に効きました!結露はゼロ!!ゼロになりました〜スタッフN良くやった〜お見事〜ぱちぱち☆

暖簾のように垂らしておくと、よく分かるのが隙間風があったということ。かすかな音がするのです。
長さも良かったようです。窓の下側に長めに切ったプチプチがたわんでいることで、窓と内側にプチプチで遮断された空気の層が出来て、それが外気温と内気温の間に入って空気が直接触れるのを防いでくれるようです。その上プチプチそのものも遮断する役目を果たしてくれているので、さらに効果がUPして、今回のような劇的な結果となったのでしょう。

本当にゼロです。びっくりです。

これならお客さんが多少いぶかしげに見ても、逆に宣伝したくなる〜ということで、早速ブログに書いてしまいました〜
こんなに効果があるなら、自宅でもやりたい…と痛烈に思いましたが、まだ勇気がでません(笑)もしご家庭で挑戦したという方ありましたら、ぜひお知らせ下さい☆

興味のある方は、ぜひ一度わが社にいらして下さいね。
美味しいお茶とお菓子を用意して待っています〜

カテゴリーU 環境

2008 年 2 月 20 日

ネット広告

2007年に企業などが国内で使った広告費総額は7兆191億円だったそうです。4年連続増加とか。1位テレビ、2位新聞、3位折り込みチラシ…なるほどなるほど、納得の順位ですね。4位インターネット…普段からインターネットに深く触れる生活をしている私にとっては、これも納得の順位でしょうか。
広告費の伸び率はインターネット媒体が前年比24.4%だそうで、他の媒体が広告費がマイナスの伸びということから考えると、やはりインターネット媒体のすごさが分かる気がします。

そうやって考えてみるとプロバイダなどのトップページは、広告のオンパレードですね。
不思議なのは、大手のプロバイダだと思って信用していても、意外と広告に責任を持っていない気がするのですが、これはインターネット媒体がまだ成長期だからでしょうか。もちろんネット犯罪に繋がるような怪しいサイトのリンクがあるなんて事はないでしょうが、プロバイダのHPだから安心して「全員プレゼント」とあるバナーをクリックして個人情報を記入すると…その後、懸賞や知らないショップ、出会い系のメールが増える増える…という経験ありませんか?

別に怪しげなサイトを見たわけではないのに、信頼できる大手のプロバイダからアンケートやくじに答えただけなのに…そしてプロバイダからは迷惑メールブロックというサービスを提供され、広告宣伝費は取り続ける…う〜ん、何か、ちょっとだけ引っかかる気がします。

マッチポンプとは言いませんが、インターネットウイルスを作る人ってすごく頭が良いのに、何のメリットもないことを人を困らせるだけにやるなんて…と考えていたら、もしかしたらウイルスガードのソフトを販売したいという目的があるのでは??なんて穿ってしまいたくなる、それと似た感覚を持ちました。

でも、先日書いた餃子を包むグッズが売れていると聞いてブログに書いた翌日、どうしても餃子が食べたくなってベジ餃子を作ってしまった私も、結構広告に影響されるタイプかもしれません。

どちらにしても、目から耳から入ることを、自分の感覚で判断していけるようになりたいです。

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 19 日

コントロール

今日はインフォメーションにも書かせて頂きましたが、新しい商品をショップにUPしました。
よかったらまた覗いて下さいね。

最近、ちょっとウエイトが高めになっています。
寒さのせいで動きが鈍くなっている上に、ついついいつもどおりに食べてしまう、いいえいつも以上に食べてしまうということをしていますので、どんどん丸くなってきています。
動かなくてカロリーオーバーなら太る…実に自然です(苦笑)

社長と奥さんはウォーキングを毎日欠かさず行っています。スタッフNもテニスなど体を動かすことをしっかりしています。私は…犬の散歩程度です。

「継続は力なり」とはよく言ったもので、持続していることはだんだんと得意になり、そして続けることで必ず成果が表れます。私も以前継続的に運動していた時はその効果を実感していましたし、例えばパソコンのキー打ちも、いつの間にかスムースに出来るようになりました。それは皆さん同じですね。

新しい商品はダイエット効果もあるかも?ということで、柿酢と同じく実践してみようかな、と思っています。

運動も、カロリー制限も、ダイエットを目標にしているなら、自分でハードルの高さを決めて、地道な努力をしていきたいと感じています。コントロールすることは自分を律することでもあり、そして積み重ねることの大切さは、積み重ねたものの大きさに比例していくのだと思います。
努力もせずに愚痴ばかりでは、いけませんね。
がんばります〜

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 18 日

食卓

最近、あるものが爆発的に売れているというトピックスを聞きました。
それは餃子を家で簡単に作れるグッズだそうで…

作っている工場では、20年以上前からある製品で、月に5日程度製造ラインに乗るかどうか、という通常から、例の中国餃子事件の2日後から、全国の問屋さんから注文が入り始め、現在は24時間フル操業だそうです。

考えたら、子供のころは家で餃子を作りました。餃子の形にするのが子供には難しく(私は不器用でしたので…)、きれいに包む母の手が魔法の手のように感じたものでした。

浜松は餃子の町として最近有名になりました。お持ち帰り餃子専門店も確かに多く、スーパーのお総菜コーナーで有名な餃子もあります。

自分で材料を吟味して、安心なものだけを使ってつくる…これって昔に戻るということですね。

昔は何でも家で作ってくれました。

便利になった世の中がすべて悪いとは思いません。
24時間営業のお店で、レンジで温めておいしいお弁当なども買えるし、冷凍食品は主婦の味方でもあります。

安くておいしいもの、便利なもの、を手に入れた代わりに、何か大切なものを失っていたのでは?と感じます。

食べるものが自分を作るのですから、自分にとって大切なものを食べたいです。

中国餃子の事件で、入院していた千葉の女児が25日ぶりに退院した、というニュースを聞いて、ほっとしました。良かったです。

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 15 日

フードマイレージ

お客さんと一緒にお蕎麦屋さんに行きました。手打ちの美味しいお蕎麦を堪能…そのお店はお蕎麦だけのメニューですが、そば粉が○○県産とかメニューに書いてあります。それを見ながら会話をしていたら、そば湯を持ってきてくれた店主さんが一言「うちのお店はすべて国産の食材です」と。
中国餃子問題から発展したのは、日本の食料自給率の事でした。39%という数字を見て驚いた人も多かったのではないでしょうか。それともああ、そんなもんかな、という感想だったのでしょうか。スーパーなどに行き慣れている人は、実感を持っていらしたと思います。
もちろん食料だけでなく、製造基地としての中国が日本企業にとって不可欠なものになっている現在では、弊社で製造している部品も、組み立ては中国という事で輸出便として出す、という事も当たり前です。メーカーさんは中国では作れない部材は日本から送るという事をしています。製造基地としての中国に価格では負けてしまう商品はどんどん淘汰され、地場で頑張っている繊維関係会社さんは、オリジナリティに溢れた物作りを心がけています。

消費者として、また製造者としても安くて良いものを求める姿勢は大切だと思います。でもそれ以上に、安全や自給率など、今まで見えていなかったものを意識する、これも大切だと感じました。

そして最近知った言葉が「フードマイレージ」です。

CO2の削減に会社として取り組んでいく中で、自分の生活でも少しずつエコに対する意識を変えようとしています。無理なく、気持ちで。
(財)食生活情報サービスセンターのHPにフードマイレージ(フードマイル)についての記載がありました。引用します。
フードマイルという言葉は、イギリスのティム・ラング氏が、1994年に提唱した運動に由来します。具体的には、食料の生産地から消費地までの距離に着目し、なるべく近くでとれた食料を食べることで、輸送に伴うエネルギーを出来るだけ減らし、環境への負荷を軽減しようという運動です。
これを、日本では、農林水産政策研究所が、「相手国別の食料輸入量」に「輸送距離」を乗じた数値を、「フードマイレージ」として提案しています。
この考え方は、我が国で、地産地消を推進していく理由の一つと言えます。
平成12年の同研究所で試算によると、我が国の総マイレージは、5,000億トン・キロメートル、一人当たりは、3,955トン・キロメートルになっています。
我が国では消費される大豆や小麦などは、そのほとんどを輸入に依存している上、我が国との距離が比較的離れている国が多い状況にあります。


日本のフードマイレージは、2001年では9,000億トンを超えていて、それは韓国やアメリカの約3倍、イギリスやドイツの約5倍、フランスの9倍に及ぶそうです。

輸送距離が少ない方がCO2消費量は少ないという事は分かりますね。そこから国産品を食べることはエコになる、という捉え方が出来るという事です。リンクはしませんが色々なHPがありましたので、興味がある方は、また色々と検索してみて下さい。

食べることで細胞が入れ替わり、1年で体のすべての細胞が変わる…といつか聞いたことがあります(うろ覚えですので、間違っているかもですが)。最近のCMにも「あなたはあなたの好きなものから出来ている」という様なコピーがありました。
でも食べるものから体は出来ているのですから、食の大切さ、食べるものがどこから来ているか、どうやって作られているか、など、もう少し気を配っていきたい、と感じました。

カテゴリーU 環境

2008 年 2 月 14 日

バレンタイン

今日はバレンタインデーですね。皆さんは思い思いの方にチョコを上げたりもらったりしたのでしょうか。私は、お世話になった方々へのお礼として差し上げました。

バレンタインは女性から男性ということですが、最近は男性から女性へあげるというパターンもあるらしいです。私はそれとは意味が違いますが、二つチョコレートを頂きました。一つは友人から、もう一つは姪からです。

姪は、毎年お母さん(私の妹です)と一緒にチョコレートを手作りしています。最初にもらった時にどうして〜私は女の子だよ〜って言ったら、妹いわく「娘はお世話になった大好きな人全員にあげたいって言うの、だからもらって〜」とてもうれしかったです。素直な気持ちを出してくれて、私も見習いたいと感じました。

友人からも予想していなかったけれど、わざわざ購入してくれた気持ちが嬉しくて、ほんわかになりました。

たとえ義理チョコであっても、感謝の気持ちを込めてあげる…
あげたい〜と思った気持には素直になる…

どんな些細なことでも、普段の生活に応用できることですね。

ありがとう。

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 13 日

感謝の輪

今日は私用で夕方までお休みを頂いておりました。夕方出社してちょっとお仕事をしておりました。
昨日保護したわんちゃんの飼い主さんから、お礼のお菓子が届いていました。ご近所のお菓子屋さんの和菓子で、おまんじゅう系がたくさん〜本当にうれしくてありがたく頂きました。大きな箱にぎっしりの和菓子…結構出してしまいましたが(全部私が食べたわけではありません〜)それでもまだこんなに残っています。それをパチリしました。
愛されているわんちゃんなんだ…と感じました。素直に感謝の気持ちを受け取らせて頂けて幸せです。

昔はこの辺も頑なでした。絶対名乗る事もせず、それも結構強く「別にいいです」と言っていた気がしますが、こうしてわんちゃんを通じて交流させて頂けて、色々教えてもらえて、おまけにお菓子まで(やけに強調しますね(笑))頂けて…暖かい気持ちになりました。

夢中で保護したわんちゃん、何も考えずにただ飼い主さんの元に戻ってほしいと思ったこと、本当にただ真剣でした。全ての出来事に対して真剣に関わる事…未熟な私には中々出来ないことですが、改めてそれが如何に大切か、そうすることで広がる感謝の輪があるのだ、と気付かせて頂きました。
後は食べすぎに注意です(笑)

本当にありがとうございました。

カテゴリーU -

2008 年 2 月 12 日

ハプニング

今日はちょっとしたハプニングがありました。犬を保護したのです。
夕方、犬の散歩をさせていると川沿いの堤防付近の大きな道路を横断してくる犬と遭遇、思わず声を掛け、比較的簡単に首輪を掴めて保護に成功しました。さて首輪はしているけれど名前がなく、ノーリードですから、自宅から脱走したのだとおもいました。ちょうどウォーキングしていたおじさんがいて、犬が結構な距離を車の流れを止めながらさまよっていたと聞きました。

さてそこからが大変です。ノーリードなので首輪を掴んだまま中腰、すぐにお散歩仲間の社長夫人と合流出来ましたが、2匹連れている奥さんの犬とは相性が合わず、威嚇攻撃が始まり、近所の会社からビニールひもを貰ってくれたのですが、そのひもでは切れそうで…結局会社からもう一本リードを持ってきてもらって、途中心当たりのある家に寄ったり、交番に届け出たりしながら、何とか会社まで連れて帰りました。

時刻は17時を回っており、届け出を確認しようにも保健所はやっていません。とにかく今日の住まいを相談した結果、会社の倉庫に一泊して貰う事にして、ご飯を上げて水を準備して、段ボールやタオルを用意して…と、仮住まいを作りました。

でも事務所に戻ると倉庫から犬の声が…さみしいよ〜って言っているみたいでした。
今頃飼い主さんも一生懸命探していると思ったら、何としても今日中に見つけてあげたいと思っていました。夜自宅まで帰るか散歩に付き合おうかな〜と考えていたら、社長夫人から「交番に聞いたら?」とアドバイスが。すぐ近所の交番だけでなく、別の場所もいくつか掛けようと決めて、最初に浮かんだ交番に電話したら…届けがあります!!という事で、すぐにわんを車に乗せて交番まで連れて行き、無事飼い主さんがお迎えに来てくれました〜☆☆

その飼い主さんとは、会社として全くご縁がないわけではなく、共通の知人の名前まで飛び出してびっくり!本当に面白いなぁと感じました。

最近飼い主のモラルについて感じる場面に多く遭遇します。今日感じた動物を責任もって飼う=動物を家族として暮らすという上で絶対して欲しいこと、それは迷子札を付けるという事だと思いました。
以前保護したわんは、迷子札があったのですぐに連絡が取れてお迎えが来てくれました。不幸な犬をなくすためにも、ぜひご自分のわんちゃんに、名前と連絡先を付けてあげて下さい。画像の迷子札は、保健所でくれます(汚れているのはうちのわんちゃんに付けているものだからです〜)。この裏に連絡先が書けるようになっていますので、何も書いていない人はぜひ貰って付けて下さいね。

今日はエルブは社長も含め全員でわんちゃんのお世話をして(笑)、でもとても大切なことをたくさん学んだ一日でした。○○○○くん、お家に帰れてよかったね〜

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 8 日

ものづくり

平日は一日の終わりにブログを書く、という習慣ができてきました。
忙しい日はバタバタになって日付が変わってしまうこともありますが、一応前日の日付でアップしています。書かせていただくことで、一日を振り返る時間としても、大切なものになっています。

今日はゆとりがなかったな…あの仕事の段取りは明日やろう…失敗してしまったけれど理由はどうしてかな…などなど、こうして振り返ることで自分を顧みることが少しずつ出来るようになりました。

すべての出来事は必然だとしたら、そこで振り返ることの大切さがあるのだな、と実感する日々です。

今日いらしたお客さんと、緑茶染めの生地作りについて打ち合わせをしました。
ネガティブな情報とリスクについても、仕事を頂く前にしっかりとお話しました。緑茶染めに関して言えば草木染めですから日光に弱いことや糸で染める時にムラになる可能性があるよ、など。
ものづくりを手伝ってくれる浜松のお仲間の方が、その点をとても心配してくれて、いろいろとアドバイスをして下さいました。リスクをしっかりとお話しする中で、それでも緑茶染めの魅力を認めてやりましょう、という話になれば、お互いにとって良いビジネスになると信じていられることは幸せだと思いました。

ご縁があるかないか、それだけなんだと。

大切なつながりになれる様に、いつでも頑張っていきたいと感じました。

カテゴリーU 製品 研究

2008 年 2 月 7 日

内容量

会社の消耗品、どこで購入していますか?
文房具はもちろんですが、トイレットペーパーや台所用品なども事務所でも必要です。環境に優しい製品か配慮を持って購入することも大切ですし、もちろん会社のものだからと言って雑に使うのではなく、自分が普段使うものと同様、安くて良いものを購入するように心掛けています。

先日あることに気付きました。ティッシュです。
ティッシュの箱が小さくなって、今や小さい(=薄い)箱が主流になりました。有名なブランド(ティッシュにもブランドはありますね)も普通のティッシュは比較的価格は安定しているのでブランド派も安心して購入できるし、例えばドラッグストアなどではそれぞれのプライベートブランドティッシュを扱い、それが価格的に一番安いとうのが良く見る形です。
我々も近所のドラックストアで一番安いものを購入する、というのがティッシュボックスの定番でした。

先日、新しいティッシュのシリーズをおろしました。それは昨年秋に近所の神社に寄付をした際お礼にもらったくじでもらったものでした。そこそこ有名なブランド品でしたが、ふと裏の説明を読み比べる気になりました。外見上の大きさは全く一緒なのですが、いつも購入する近所で一番安い(と思っていた)ティッシュは300枚(150組)入りなのに対して、頂いたティッシュボックスは320枚(160組入り)でした。
え〜内容量が違う!!驚きでした。外見が全く同じ大きさなので疑問すら持ちませんでした。

普通5箱セットになっているものを購入しますので、購入単位では100枚(50組)の差が出ます。これだと価格が300円前後で計算すると、5箱セットで20円程度安くても320枚入りの方が結果安くなるということです。盲点でした。
そういえば諸事情で値上げに踏み切られた食料品も多くありますが、中には内容量を減らすという対応で乗り切る商品もあると聞きます。発表されればいいですが、内緒で断行されてしまうと、油断していると気付かず〜という商品も多いのかな、と思わず考えてしまいました。

ティッシュボックスの内容量の違いは皆さんはきっと気付いていた人が多いかと思いますが、私にとっては見た目と値段だけで判断していたので、気付くことができてちょっと得した気分です。
もし知らなかった〜という方がいらっしゃいましたが、次回ティッシュボックスを購入する際は、携帯の電卓で1組当たりの単価を比べながら、楽しんでくださいね。
他に見つけたらまた報告します。


カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 6 日

色んな日

今日は東京出張でした。東京は寒くて雨模様…しんしんと冷える感じが浜松との一番の違いで、普段浜松でも寒いと思っていましたが、やはり浜松は暖かい場所だというのを感じました。

今日は、実に忘れ物の多い日でした…
最初は朝会社から駅に行く際、送ってもらうために車にのってから、「財布がない〜」と気付きました。あわてて事務所に戻って財布を見付けて一安心…
次は新幹線を降りる際、東京駅ホームに降りてからポケットを探ると「切符がない〜」。あわてて席に戻ると、窓際に置き忘れていました。あ〜ホームですぐ気付いて良かった…
最後は帰り、東京駅に向かってタクシーに乗ってから「あれ、携帯がない〜」。これは忘れ物となりました…でも同席していた他社の方がしっかりKEEPしてくれていて、電話したら「送るよ〜」と言ってくれました。最後に社長が一言「今日はどうかしてるんじゃないか…」とほほ。

さてここで真面目に分析、忘れた理由を考えると、財布は前日会社に置き忘れて帰ってしまったので、バッグに入っていなかった、切符は普段着ないコートを着ていたのでそちらに気を取られた、携帯は先日換えたばかりで慣れていなかった…などが挙げられますが、こうして反省してみると散漫だったかなという気がします。ただすべて最悪の事態ではなく、携帯だけは置き忘れて帰ってしまいましたので明日は不便ですが、それも知人が保管してくれてありますし、ラッキーと言えばラッキーですね。
もちろん社長や周りの方に迷惑はかけてしまったのですが、いつも周りの人々の助けがあると今日も気付かせて頂いた一日でした。
そして最近少し気持ちにゆとりがないな…と思っていたのですが、忘れ物をたくさんしてしまったことはまさにゆとりがないことを証明していたのですが、そのあとの対処が落ち着いていられたことは、私にとって大きなことでした。

色んな日があります。失敗する日もたくさんあります。でもそこから素直に学んで明日に繋げるという事が大切だと感じています。
でも忘れ物しないように〜これからはすべて首にかけようか、はたまた手に書こうか〜と思っています(笑)



カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 5 日

販売商品について

緑茶染め福袋企画、2月に入りましたが、もう少し続けさせて頂きます。もう福袋ではないですね(苦笑)…福袋が好評だったので、時間ができたら緑茶染めをもっと知っていただくために、初めての方向けでスタートセットという形で残したいと思っています。
それまでは福袋そのままにしておきますので、よかったらぜひ一度ショップものぞいてみてくださいね。

先月末にブログでお話した「吉福茶」についてですが、アップが少し遅れておりごめんなさい。
本日原稿についてOKがでましたので、今週中にはアップしたいと思っています。

SHIMA緑茶入りスピリッツについては、今新しい度数で新しい企画を立ち上げている最中です。
またご紹介できる時がきましたらHP上でも販売したいと思っていますので、お待ちください。

そして新しい緑茶染めの形を今色々と企画中です。
ショップの商品をどんどん充実させることができれば嬉しいと思っています。
出来るだけがんばりますので、こんなものがあったら…などご希望がありましたら、何でも結構ですので、HPのお問い合わせフォームからお送り頂ければ嬉しいです。もちろんお電話でも結構です。

立春も過ぎて、気持ちは春に向かってぐんぐん成長していきたいです。

カテゴリーU 製品 研究

2008 年 2 月 4 日

リカバリー

人間誰にでも間違いや失敗をする事があります。
その時に、どういう対応をするかでその先が変わるのだと思います。

私は昔は、出来るだけ隠ぺい工作をする人間でした。ミスをした時ばれない様に色々とやるのですが(汗)、結局はその状況が大きくなって露見するということばかりでした。最初に素直に相談していれば…というミスを何回もして、やっと良い意味で開き直れたというか、素直に謝るということが少しずつ出来る様になりました。自分は間違っていないという気持ちで相手に接するばかりだったあの頃、本当に些細な事でも間違いを認めたくなくて、自分を正当化する言葉ばかり言っていました。未だにその癖は抜けきっていませんが(苦笑)、素直に非を認めるという事が大切だと気付ける様になってきました。

ジョージ秋山さんという漫画家に「浮浪雲(はぐれぐも)」という作品があります。その中で印象に残ったセリフがあります「善人ばっかりだと揉めるんですよ、私は悪くないって、悪人ばっかりだと揉めないんですよ、私が悪いってね」
いまだにこの境地には達してはいませんが、間違ったときのリカバリーは、その気になれば何年たっても出来るのだと思います。

謝ることは負けではなく、自分を認めて償うという意志表示だと思いました。勇気がいるかもしれませんが、その一歩はとても大きいのだと思います。

話は突然変わりますが、明日は仕事でお世話になっているKさんの誕生日と偶然聞きました。幾つになっても、年を取るのは良いことばかりではないかもしれませんが、それでも誕生した日は自分にとっては特別で嬉しいものです。私も手放しで誕生日を喜んでいられない年になっていますが(苦笑)、でもいつまでも素直に喜んでいたいと思いました。
Kさんおめでとうございます〜美声素晴らしかったです☆

カテゴリーU 雑記

2008 年 2 月 1 日

モラル

会社の近くにある団地のごみ集積場。時々前を通ると「ルール違反!」という赤札の張られたゴミが残されている事があります。この日はベビーカーとテレビなどの電化製品でした。
今日別の人と雑談をしていた時に、家の前に犬のふんを処理せず逃げる飼い主がいて困る…という話をされました。朝とか夜とか、人がいない時なら結構平気で放置していく、と聞いてびっくりでした。昔「赤信号 みんなで渡れば 恐くない」という事を言ったコメディアンを、教育上宜しくないのでは、と問題になった事がありました。何となくそれを思い出しました。
誰でも社会のルールを破ってしまう時があります。偶然か故意かは別にしても、そんな時どう思うかは人それぞれでしょうが、誰も見ていないから自分だけなら…とか、他の人もやっているから…とか、自分を納得させているのでしょう。
私もモラルがあるか、と言われたらごめんなさい〜と謝らなければいけない部分ばかりかもしれません。でもやっぱり「自分は見ている、自分は知っている」のです。それに本当に気づいてからは、間違っているかもしれないけれど、最低でも自分に恥ずかしくない行動をとろう、と決めました。
そしてもちろん人は人なのですが、出来るだけその人を理解して助けられる人に、そういう場面に遭遇したら、注意出来る人になりたいと感じました。

今会社では「エコアクション21」の認証を受け、環境活動を行っています。HPにもバナーがありますので、興味のある方は覗いてみて下さい。ISOまでは会社の規模が…という企業さんでも取り組み易いプログラムで、自治体で取得のサポートを行っている場合もありますので、ぜひ問い合わせてみては如何でしょうか。
何よりも環境に対する意識が変わります。ほんの少しでも、自分が出来ることを考えられるようになったのが、一番かもしれません。それは小さいけれどゼロを1にする大きな一歩でしたから。

カテゴリーU 環境



株式会社エルブ 静岡県浜松市中区寺島町631-3 TEL: 053-462-8215 copyright© erubu co.,ltd. all rights reserved.